新着ブログはこちら>>>

ハルエさんと一緒に生家のお寺を訪ねる

ブログ

「ごはんはなぁ、100回噛んで食べるんやで。

仏さんに感謝してなぁ、ゆっくり噛んで食べなあかんのやで。

お母ちゃんがそう教えてくれた」

 

ごはんを食べるときにいつもハルエさんが言われる言葉です。

 

「へぇ、そうなんや。ハルエさんのお母さんてどんな人やったの?」

と尋ねると

 

「私のお母ちゃんはお寺に嫁いだ人やで。せやから私はお寺の娘や。

せやけどなぁ、今は無人寺になっとるんや」

 

少し寂しそうなハルエさん。

 

「そのお寺ってなんていうお寺?」

 

「和知のお寺やで」

 

「えぇ~っ!?私、ちょうどそのお寺の管理してはる人しってる!!」

 

「たぶん頼んだら開けてくれはると思うよ。実家のお寺行ってみませんか?」

と尋ねると

 

「行きたい。行きたい」と。

 

娘さんも誘って3人で行ってみることにしました。

 

管理をされている方も快諾してくださり、中に入れてもらうことに

 

「そうそう。この庭でよう遊んだなぁ。お母ちゃん、この台所でようご飯つくってくれたなぁ」

 

蘇ってくる思い出の数々。

 

そしてお仏壇を目にすると自然とお座りになり、般若心境を唱えはじめられました。

 

 

「魔訶般若・・・」

 

そのお経を聞いていると何だか私が泣けてきてしまって…

ハルエさんがまだ若かった頃。きっと小さかった子どもたちを一生懸命育てながら、

必死でお寺を守ってきはったんやろなぁ。

 

その光景が鮮やかによみがえってくるようで、私も今も一生懸命に生きようと勇気が出た一日でした。

 

【田舎暮らし介護のくろまめさん】ハルエさん生家のお寺での般若心境。

コメント